エステサロン > ネイルケア

ネイルケアについて

女性のネイルへの関心は年々高まっています。今やネイルケアは身だしなみであり、ファッションの一つと考えられています。

街でネイル専門のサロンもよく見掛けるようになり、エステサロンでもネイルケアを取り入れているところが少なくありません。

一般的にネイルケアとは爪の長さや形を整えて、甘皮の処理をし、カラーやアート、デコレーション、付け爪などの装飾を含めた爪のトータル的なケアを指しています。

最近流行しているネイルアートはジェルやスカルプチュアです。

ジェルネイルは水あめ状の素材を固めて人工の爪をつくる方法です。

カラーやアートが長持ちし、他の方法ではだせない艶を出すことができます。

スカルプチュアはアクリル樹脂で作られた人工の爪です。

自爪に延長して作り、長さや形は好みに合わせることができます。

また自然な仕上がりであることでも人気がある方法です。

市販の爪と異なり簡単に外せますが、定期的にケアに通う必要があります。

他にもネイルアートにはさまざまな方法がありますが、自分で行うより美しく仕上がるため、定期的に通う女性も多くいます。

エステサロンのネイルケアは単独で行われる他に、フェイシャルなどの施術の合間にネイルケアを取り入れるサロンもあります。女性は指先までケアされていることによって緊張感が生まれ、しぐさや意識に変化が生まれます。エステサロンのネイルケアでは美肌や痩身に加えて指先まで美しくなることができるのです。